3.11定点撮影プロジェクト一覧

「おらほのアルバム」イベント「共同企画者に聞く」終了しました

3.11メモリアル交流館で開催中の「おらほのアルバム」。トークイベント「おらいの縁側」のトップバッターとなる「共同企画者に聞く〜写真は語る/写真で語る 3.11オモイデアーカイブの試み」で、せんだい3.11メモリアル交流館の渡邊曜平さん、3.11オモイデアーカイブの佐藤正実と小...

「地域人」で紹介していただきました

大正大学 地域構想研究所 情報誌「地域人」(79号)で、3.11オモイデアーカイブの取り組みを紹介していただきました。 「定点写真は、継続した時間の中でしか生まれない。その積み重ねが本書につながったのだ。」「未来に向かっても、過去に向かっても、記録することの大切さを本書は...

「おらほのアルバム」おかげさまで好評です

せんだい3.11メモリアル交流館との共同企画「おらほのアルバム ~縁側で見るまちのオモイデ写真~」はじまってから9日が経ちました。 取材依頼も多く、おかげさまでたくさんの方たちにお越しいただいています。写真をじっくりと見て、思い出話をして行かれる方が多く、たまたまここで出...

九州巡回展/佐賀市で定点撮影パネル展

定点撮影パネル展は長崎から、佐賀へ。3月1日(火)~6日(日)、佐賀市「東よか干潟ビジターセンターひがさす」にて、「3.11キヲクのキロク、そしてイマ。2022」定点撮影パネル展が開催されています。2021年11月に「もやい九州」の森清志さんのお招きで「第2回 地球を考える日」...

せんだい3.11メモリアル交流館との共同企画「おらほのアルバム ~縁側で見るまちのオモイデ写真~」

せんだい3.11メモリアル交流館との共同企画「おらほのアルバム ~縁側で見るまちのオモイデ写真~」はじまりました。 * 震災前、ここにどんな暮らしが、風景があったかおぼえていますか。2022年3月11日、仙台市東部沿岸地域は震災から11年目を迎えます。 市民発...

サポセンで「3.11キヲクのキロク、そしてイマ。2022」パネル展

サポセンこと「仙台市市民活動サポートセンター」1階のマチノワひろばで、「3.11キヲクのキロク、そしてイマ。2022」パネル展が開催中です。3月31日(木)まで。 市民が撮った震災直後と、10年経ったイマを見る、定点撮影。仙台市内10カ所をセレクトして展示しています。壁一...

九州巡回展スタート/長崎で「8.9→life←3.11(らいふ)」定点撮影パネル展

2月11日(金・祝)〜13日(日)、長崎市現川町の「うつつ川・森のぶんこう」にて、「8.9→life←3.11(らいふ)」定点撮影パネル展が開催されました。 主催者は「Conné~こんね~/長崎の語り部から学ぶ会」さん。代表の奥村さんは長崎生まれ仙台在住で、原爆が投下され...

佐賀で「3.11キヲクのキロク、そしてイマ。2022」巡回展

約2カ月間かけて九州4県をまわる「3.11キヲクのキロク、そしてイマ。2022」巡回展、長崎から会場を移し、佐賀で行われます。 お近くのみなさま、ぜひ足をお運びいただけたらうれしいです。 【佐賀】<2022年3月1日(火)~6日(日)>◎「東よか干潟ビジターセンター...