設立趣旨

 

■ 「3.11からはじまる、まちと人のオモイデをキロクする」

3.11オモイデアーカイブは、「3.11からはじまる、まちと人のオモイデをキロクする」をテーマにしたアーカイブ活動を市民協働で取り組む。 2011年3月11日に発生した東日本大震災によって失われたかに見えるふるさと。しかし、震災に遭うことによって、まちの成り立ちや歴史、人の想い出の大切さを気づかされたことも多く、未来のまちを思い描く上で、まずは地元の過去を知ることからはじめようと、震災5年を機に 2016(平成28)年4月1日設立(※)。

生活者視点を持つ市民自らが“アーキビスト”となり“ユーザー”となることで、3.11前後のまちの記録や人々の体験を結ぶ編集を経て、活用を重視した「記憶を育てるアーカイブ」を実践する。

 

(※)2011年3月11日の発災直後から資料の収集・保存を始めたNPO法人20世紀アーカイブ仙台を前身とし、震災から5年目となる2016年に震災アーカイブ部門を独立。名称を「3.11オモイデアーカイブ」と改め設立した。