活動ポリシー

「3.11からはじまる、
 まちと人のオモイデを
キロクするというアーカイブ」

2011年3月11日から現在までの復興の足跡だけを見るのではなく、3月11日以前のまちと人に目を向け、もう一度過去と現在を結び直し、記憶を育て続けることで、「土地の知」を深く知ることができることを、大災害に遭うことで知りました。

地域アーカイブと震災アーカイブはいずれひとつの歴史的事実として集結されるでしょう。その時、事実を記録するだけのアーカイブだけではなく、さらに人びとの記憶や想い出も加え記録することで、後世の人びとにより自分事として捉えてもらえるようなアーカイブをめざします。


「3.11オモイデツアー」の活動ポリシー

① 沿岸部のまちのファンづくりのためのツアー。 地元の人とゲストの交流を促す。
② メインコンテンツは元々の「まちの暮らし」と「地元の人」、そして「オモイデ」。
③ 3.11オモイデツアーをプラットフォームに、スタッフのアイディア・想いをみんなで形にする。