活動ポリシー

「3.11からはじまる、
 まちと人のオモイデを
キロクするというアーカイブ」

記録し続ける活動は“地味”で“地道”な取り組みではありますが、どちらにも「地」が付くように土地に根ざした活動は、土地の「知」を知ることにつながります。

3.11から見る地域、地域から知る3.11。 3.11という大災害に遭うことで気づかされた、まちの成り立ちや人の想い出の大切さ。いずれ震災アーカイブと地域アーカイブは一本化されるでしょう。 3.11オモイデアーカイブは、特定のアーキビストによる保存作業に終わらない、みんなで編集しみんなで活用する「記憶を育て続けるアーカイブ」に取り組みます。

「3.11オモイデツアー」の活動ポリシー

① 沿岸部のまちのファンづくりのためのツアー。 地元の人とゲストの交流を促す。
② メインコンテンツは元々の「まちの暮らし」と「地元の人」、そして「オモイデ」。
③ 3.11オモイデツアーをプラットフォームに、スタッフのアイディア・想いをみんなで形にする。