wpmaster一覧

今度の3.11オモイデツアーは「まちから海辺をみるのではなく、海辺からまちをみる」

昨日は、オモイデツアーのガイドを担当してくださる地名研究家の太宰幸子さん、そして木村さんと、沿岸部のまちの地名と歴史を伝えるために、どこをどう取り上げるの打ち合わせ。 *新しい文化は常に海から入ってきた *ヨソモノが文化を連れてくる *内陸を支えたのが海辺のまち、そして海と...

10月28日(日)「3.11オモイデツアー ~古地図と地名で知る仙台市沿岸部のまち」開催

2年ぶりとなる公募型の3.11オモイデツアー 「古地図と地名で知る仙台市沿岸部のまち」を10月28日(日)に開催します。 仙台市沿岸部は津波により大きな被害を受け、さらにその後の更地化などにより、もともとあったまちの暮らしは見えにくくなりました。 しかし、...

「Library of the Year 2018」 優秀賞を受賞しました

3.11オモイデアーカイブは、2013年から市民協働事業として取り組んできた地域&震災アーカイブが評価され、「Library of the Year 2018」の優秀賞に選ばれました。 「Library of the Year」は、これからの図書館のあり方を示唆するような先...

荒浜と新浜、ふたつのまちをつなぐ3.11オモイデツアー

9月9日は、3.11オモイデツアー初となる新浜での活動でした。昨年同様、荒浜とお隣の新浜を、貞山堀(ボート、カヌーなど)と砂浜(ノルディックウォーキング)でつなごうという企画。あいにくのお天気だったため、新浜「みんなの家」で急遽「オモイデを語る会」に変更しました。 初めて3...

(速報)「Library of the Year 2018」優秀賞を受賞

「3.11オモイデアーカイブ」が、この度Library of the Year2018の優秀賞(4団体)に選ばれました。 私たちの活動のメインテーマは「3.11からはじまる、まちと人のオモイデをキロクする」。現在2つのプロジェクトが同時進行しています。 ひとつは「3.11...

仙台市政だより「震災文庫を読む」に寄稿しました

仙台市制だよりで、おすすめの震災関連本を毎月2冊づつ紹介するコーナー「震災文庫を読む」。今月9月号は、“市民の手によるアーカイブを後世に”をテーマに、3.11オモイデアーカイブが担当させていただきました。紹介したのは「コミュニティ・アーカイブをつくろう!」(著/佐藤智久・甲斐賢治...

3.11オモイデツアーin蒲生「江戸ソバリエ ルシックの並木さんとソバ打ち体験&味わう会」

今日の「3.11オモイデツアーin蒲生」は、初めての試みとなる「そば打ち体験」でした。 5つのテーブルに分かれ、そば達人の 並木さんと「広瀬の杜蕎麦打ちクラブ」のみなさんのレクチャーを受けながら、賑やかにそば打ちを楽しみました。おかげで、素人ながらもなかなか美味しいそばに仕...

3.11オモイデツアーin蒲生「江戸ソバリエ ルシックの並木さんとソバ打ち体験&味わう会」

3.11オモイデツアーin蒲生 「江戸ソバリエ ルシックの並木さんとソバ打ち体験&味わう会」 蒲生でソバを打ち、食べ、語りあう3.11オモイデツアーを開催します。江戸蕎麦通の民間資格「江戸ソバリエ」。さらに上級資格を持つ方を「江戸ソバリエ ルシック」と言うそうで、...

「3.11オモイデツアー(夏休み企画)~今夜は星を見に荒浜へ~」

昨夜の「3.11オモイデツアー(夏休み企画)~今夜は星を見に荒浜へ~」に60名の皆さんにご参加いただきました。おかげさまで、事故・ケガなく無事に終了することができました。ありがとうございました! 今回で荒浜3回目となる仙台市天文台の移動天文車「ベガ号」による天体観測...

2018年度第4回 オモイデツアースタッフミーティング

8月10日(金)、下記3点の議題をもとに、オモイデツアースタッフ21名が参加してミーティングを行いました。 ➊8~9月に開催される各3.11オモイデツアー、各担当者からの報告 ◎8月19日(日)荒浜「夏の夜空ベガ号天体観測」 ◎8月26日(日)蒲生「並木さんのソバ打ち体...