「100年前の仙台七夕飾り」を一番町アーケードに飾りました。

8月6・7・8日の3日間、「仙台七夕まつり」が行われました。

全国からたくさんの方々が訪れ、豪華絢爛な七夕飾りが並ぶなか、わたしたち「3.11オモイデアーカイブ」では、一番町四丁目商店街さんのご協力により、大正時代の飾りをモチーフにした「100年前の仙台七夕飾り」を飾りました。

TRACにて「祈りの祭り 100年前の仙臺七夕をつくり愉しむ」仙台七夕まつりの歴史についての講話や、実際に参加者たちで七夕飾りを作るというワークショップを全3回行い、のべ30人のみなさまに参加していただきました。

短冊、吹き流し、折り鶴、紙衣、巾着、投網、屑籠、の七つ飾りに加え、大正時代の七夕さんにあった七夕線香とスイカ行灯も再現。青空にたなびく七夕飾りは、とても風情がありました。

テレビや新聞でも取り上げていただき、おかげさまでたくさんの方に楽しんでいただきました。ご来場くださったみなさま、ありがとうございました!