もやい九州御一行様と3.11オモイデツアー

「もやい九州」のご一行様をお迎えして、臨時のオモイデツアーとして、荒浜をご案内してきました。

震災後からお世話になっている、「もやい九州」のみなさま。ちなみに「もやい」とは、「一緒に」「共有する」などの意味があるそうです。

オモイデツアースタッフ有志で、お昼ご飯からご一緒させていただきました。
ランチ後、仙台朝市をぶらりと歩き、東二番丁通からバスで荒浜へ。
荒浜小学校では、オモイデツアーでいつもお世話になっている庄子智香子さんが校内を案内してくれ、校舎の被害状況や荒浜の被災状況、荒浜の歴史や文化を紹介するコーナーなどを見ていただきました。
その後、海へ。復活しつつある荒浜の海を、なによりも見ていただきたかったのです。
防潮堤を登りきると「わぁー!この、突然ぱぁーっと広がる海、すごいね!すごいね!」という歓声が印象的でした。
そして、朝市の今庄さんで買ったトマトを、海水で洗い、海辺でいただきました。みなさん、とてもいい笑顔!こちらまでうれしくなりました。

今日の参加者は14名。短い時間ではありましたが、ご一緒したみなさま、ありがとうございました。
ぜひまた、仙台へお立ち寄りくださいませ。